関西のグルメを呑み食べ尽くし!

天満昼呑みはしご酒、5軒目。
4軒目の記事はこちら!

って、既にもう夕方18時になっているので、夜呑みに突入(^^;)
ここまで、串カツ→たこ焼き→和ダイニング→焼肉と、
様々なジャンルをという課題的にはまあええ感じで進めてきました。
そして、最後はイタリアン!
天満市場近くのビニシーのお店に向かっておりました。
私が目指していたのはちっちゃいお店やったので、なかなか見つからない。
すると同行者の一人が、勝手に違う店に入っていくではないか。
「その店ちゃうちゃう」って言っても聞かぬ存ぜぬ。
ってことで入ったのはこちらのお店、
イタリア酒場「炎LAVITA 」天満店です。

イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

このビニシー界隈でも非常に大きなお店で目立ちますね。
どっかのチェーン店なんでしょうか?
席もゆったり感あって、落ちついて飲める雰囲気です。

こちらがドリンクメニュー。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

プレモルの逆三角ジョッキ生で380円ですから、
こういうイタリアンバル系としては、安いイメージ。
ワインもかち割りジョッキワインってのが480円やもんね。
大衆酒場的なイタリアンのお店です。

私らは3人での訪問でしたので、ワイン頼むならボトルの方がええでしょと、
フルボトルの値段を聞くと、全て2500円均一なんで、
冷蔵庫からどれでも好きなの選んで下さいとのこと。
そして本日5回目の乾杯♪
(しかし、ボトルもグラスも写真なし。。。
前の店のホッピー濃いん飲んだのが効いてた^^;)

付きだしでは、この海老が出てきた。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

こっからワインをさらにがぶ飲みした記憶しかなく、
これも食ったんかいな・・・記憶にない。

あと、アテに何を頼んだのかも写真が残っていないので定かであらず。
ぐるなびのお店サイトを見てみると、大体パスタで800円くらい~
一品で600円前後~ってとこみたいなので、
こちらのお値段は極々平均的か。

しかし、後半からよー飲んだ(^^)
この5軒目でお一人帰られました(ここはちゃんと記憶がある)

イタリア酒場 炎LAVITA
住所:大阪市北区池田町6-16
電話:050-5796-9507
営業時間:月~木16:00~翌2:00 金~日・祝前日16:00~翌3:00
定休日:不定休(年末年始など)

そして、2人で6軒目。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

私の大好きな、落ち着く「酒の奥田」です。

ここでは、写真また撮ってる。
イタリア酒場 炎LAVITA 天満店→立ち呑み 酒の奥田(天満はしご酒)

何話したかも、ちょっと記憶が復活してます。
これはどて焼きですな。
あまり甘くないどてで、七味多くふってやると、めちゃ旨い。
他の店では、甘すぎてどて焼きはあまり頼まないけど、ここのは好き。

酒の奥田
住所:大阪市北区天神橋4-12-22
電話:06-6351-9514
営業時間:10:00~13:00 15:00~21:00
定休日:日曜・祝日

で、大体19時半くらいに解散。
後半4軒目から飲みペースをターボ化させたんで、
帰りの電車で乗り間違えやっちまった・・・
あやうく宿泊地探さなきゃいかんかと思った。
しかし、記憶とばしても気がつけば家に帰ってるって人が羨ましい。
私は絶対、家に辿り着けませぬ・・・

こんな私ですが、飲みはしご一緒にしてくださる方、
おつきあいいただけたら嬉しいです(^^)
よろしければメールください。
bkyugourmet@yahoo.co.jp

さーて、次はどの街ではしごいたしますか!

↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
神戸灘地酒バル、3軒目。
2軒目はこちらのお店にお邪魔しました。

しかし、どうしてもあの店に寄りたい衝動が!!
今回こちらのお店は、参加されていなかったんですけどね。
阪神御影の地に来て、ここに寄らずには帰れない。
初めて6年前に訪問した時には、ここまでの店になるとは思わなかった。
いまじゃ、神戸ナンバー1の立ち飲みでしょう。
「ライオン堂」にお邪魔しました。

立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

まずお店のオープン時間、記憶違いしてた。
って最初の頃って、17時半からの営業でしたよね。
で、17時35分に行くと、とんでもない人でごったがえしているやん・・・
17時オープンで、すでに30分過ぎてたんやな。

しかし、それにしても多いでしょ。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

私がよく来てた頃は、
この早い時間って4,5人くらいの入りでまったりしてたので、
ちと、居心地は悪い。
今回、入り口入ってすぐの2人立ちテーブルが空いていたのでそこに。
しかしこの席、カウンターの方の手を煩わせて、
ドリンク、アテを経由するので、ちと申し訳ない。
今回カウンター側に立たれていた方が、
愛想良くやってくれてよかったです(^^)

表のメニュー。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

17~18時はお得なワンコインセット(500円)があります。
立ち飲みでこれをやる店が非常に増えましたが、この店が発端ですね。

とりあえず、ワンコインセットに酎ハイ(290円)の単品。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

ワンコインのドリンクはビールです。

ワンコインのおまかせ一品は、ハマチのにぎり1貫でした。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

これが非常に脂のっていて旨い。
このハマチの刺身も、その日は180円なんちゅう破格値でした。

そして、セットの串揚げ2本。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

海老とヤングコーンです。
海老がちと細いな、しかしこの値段ですからね。

こちらがその日のアテメニュー。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

まあ、最初来たときからびっくりしておりますが、
なんなん?この値段設定??です。
180円のメニューも結構あるし、このアテが180円?って思うのもいっぱい。
またライオンキングサイズビフテキなんて、
とんでもない大きさで380円ですよ。

今回は、そのびっくりメニューの中から、ウニ(韓国のり付き)にしました。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

380円ってな値段で雲丹が食えて、それにこの量で海苔つきですからね。

まずはそのたっぷりの量のウニを、そのままいただいてみる。
立ち呑み処 ライオン堂(神戸阪神御影)

うーん、苦い。
まあ、この値段ですから安物のウニなのは仕方ない。
しかし、その苦みあるウニなんで、韓国海苔で巻いて食べると、
その苦みも緩和されて、旨みが相乗させてます。
よーーく考えてますね(^^)

ビフテキも食いたかったけど、
この日は地酒バルで他行きたいとこありますからね。
これにておあいそですが、まあとてつもない実力のお店です。
その立ち飲みの大混雑さに目を瞑ることができるなら、
神戸最強でしょう!

さーて、それでは次の店に行きますか。
あ、その前に少し小休止、こちらのブログで明後日に続きます。

住所:神戸市東灘区御影中町1丁目6-3クヴェレ御影1F東
電話:078-842-3229
営業時間:17:00~23:30
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

割烹うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ
大阪地下鉄フリーきっぷ、はしご昼酒7軒目。
(ジャンカラ含めれば8軒目)
本日最後のお店となりました。
2時間ジャンカラで歌ったのはええが、あまりお腹の満腹感は減らず、
呑むのもそこそこでええ感じ。
あまり泥酔もしていなかったので、ターゲットをこちらの店に。
本来ならば1人で呑みたい店なんですけど、
同行者にもこの店の雰囲気を味わってもらいたいと思いまして。
「虎徹」にやって来ました。

独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

こちらのお店、2人まででの入店制限があります。
3人以上のグループ団体はお断りの店。
なので、一見お断りのような店構え。
全く中の様子が見えず、隠れ家ちっくになっています。

その店内。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

今回ちょうど入り口そばの2人立ちテーブルが空いてました。
あとは逆L字の立ちカウンターのみ。
BGMも全くもってなく、めちゃめちゃ静かな店内です。
なので、酔っ払うと声がでかくなる私は、
ここへ来るのは躊躇しますね。

ドリンクメニュー。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

まあ、基本、日本酒、焼酎を飲む店やと思って下さい。
このメニュー以外にも、いくつか銘柄揃えておられます。

頼んだのは大虎(600円)と、チェイサー代わりに酎ハイ(350円)。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

山形の大辛口純米酒です。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

精米歩合が70%、日本酒度が+10度なんで、さほどの辛さはなく、
ちょっと粗めの純米酒やなって印象。
あまり私の好みではなかったな。

壁のメニュー。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

うん、これなんですね~
このいかにも日本酒に合いそうなアテの数々。
あまりもう食えない状態やったんで、どれ頼むか非常に迷いました。

そんな中、これ。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

鯛わたの塩辛(350円)。
こういう魚の内臓系つまみと言えば、酒盗が有名ですよね。
鰹ではなく、鯛でどんな味になるんやろ?と興味があったのと、
お腹いっぱいの私には、こういうのちびちびやりながら、
日本酒飲むのがちょうどいい。
味わいとしては、まあ、鰹の酒盗とはあまり変わらない感じ。

もう一品。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

新じゃがと豚ミンチの和風煮(350円)
この店、丑寅とは姉妹店になるんですけど、
こちらの系列店ではなんと言っても煮物!!
大阪裏なんば「丑寅」の記事はこちら!

その煮付け具合が、薄味好きな私にはちょうどいい。
独酌立ち呑み 虎徹(大阪ミナミ日本橋)

じゃがいものほくほくした新鮮さが、ダイレクトに伝わってきます。

やっぱり雰囲気ええよね~
しかし、今回2人で来たが、1人の方が似合う店。
またミナミでの呑みで、先に一人でって時に利用するでしょう。

これにて今回のはしご酒も終了。
こんな感じであちこち巡っておりますので、
もし興味がある方おられましたら、ご一緒してくださいね。
bkyugourmet@yahoo.co.jp
メールくださいまし(^^)

住所:大阪市中央区千日前2-3-1
電話:非公開
営業時間:17:00~23:00
定休日:日曜・月曜 + 不定休
↓お勧めリンク↓

割烹うまいもん 酒菜、酒肴、旬菜いろいろ