関西のグルメを呑み食べ尽くし!

上諏訪で日本酒をたんまり堪能した後は、山梨甲府に向かいます。
途中、朝ご飯を買う為、道の駅に寄りたいなと思っていたら、
ちょうど国道沿い、中間ポイントにあるではないか。
ひとまずここで小休止、道の駅「信州蔦木宿」です。

道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

朝9時に直売所は開きました。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

その日は日曜で、朝市をやっております。
にんじん、じゃがいも、玉葱は詰め放題もやっておりましたので、
人参は日持ちしますから、ビニールにいっぱい詰め込む。
50円割引券もいただき、350円にて12本詰め込めたら立派でしょう(^^)、

あと、ここは温泉施設もあります。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

「つたの湯」というんですが、その後、源泉かけ流しのええ温泉に浸かる
予定やったんで、こちらはパスです。

直売所で朝ご飯として、こちらを購入。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

味噌の焼きおにぎり(200円)です。

やっぱり長野は味噌の本場。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

米も美味しいの使っているし、味噌の風味が非常にまろやか。
これは買って正解でしたね。

もうひとつ、長野の名産を。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

そばいなり(230円)です。
油揚げの中に蕎麦を詰めています。
あと、紫蘇っ葉、みょうが、葱と3種類の薬味を別に詰めています。

こちらは紫蘇の葉を摘めたもの。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

うんうん、非常に素朴な味。
シンプルイズベストとはこういう食い物を指すと思います。

また、おやつにこちらも。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

寒天まんじゅう(1個130円)が売っていました。

よもぎ味にしました。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

よもぎの風味がプンプンに口の中に拡がるまんじゅう。
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

甘さも抑えめで、すっきりとしております。

あと、林檎の産地やから、これも外せないな~
道の駅「信州蔦木宿」(長野諏訪富士見)

100%のりんごジュース。
その後の温泉あがりにごくごく飲むと最高です。

こうして、郷土色の強い食い物を食べると、
あ~やっぱり旅っていいなって思いますね。
道の駅は車中泊にもよく利用するし、その土地らしさが非常に感じられるので、
これからも、車旅ではどんどん利用いたします。

住所:長野県諏訪郡富士見町落合1984番地1
電話:0266-61-8222
営業時間:[直売所]10~4月・平日9:00~18:00・土日祭日 9:00~19:00
5~9月・8:00~20:00  [つたの湯]10:00~22:00
[お食事処]~11月10:30~20:30(オーダーストップ 20:00)
12月~11:00~20:30(オーダーストップ 20:00)
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

【送料無料】道の駅完全ガイド(関東・甲信・東北編 ’10~’)


道の駅「信州蔦木宿」直売所 郷土料理 / 信濃境駅小淵沢駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

島根、鳥取の日帰り温泉ツアー。
グルメをあちこち堪能してきましたが、
家に持って帰って食える物もなんか買いたい。
海鮮好きな私なもんで、そういうものを求めてこちらにやって来ました。
「境港さかなセンター」です。

境港さかなセンター(鳥取)めかぶ&あごだし

干物や蟹などの海鮮系もええんですけど、
やっぱり日持ちしませんよね。
非常に暑い日であったので、帰るまでに腐らせるのもいやなので、
こういったものはスルーします。

で、以前買って、非常に旨かった「あごだし」を探す。
境港さかなセンター(鳥取)めかぶ&あごだし

「あご」とは飛魚のことで、この風味はいりこの比やないんですよ。
粉末がパックになって、味噌汁の出汁として売られているんがあるんですが、
あいにくそれは売り切れ。
なので、醤油にこのあごだしを加えた「つゆ」を買いました。

その使用用途はこんなので。
境港さかなセンター(鳥取)めかぶ&あごだし

キス天の天ぷらつゆとかによさそうですね。
普段は海鮮系の天ぷらは塩だけで食べるのですが、
このつゆならば、一度食べてみたいって思います。

その日、帰ってからは素麺を湯がきます。
境港さかなセンター(鳥取)めかぶ&あごだし

このだし風味のつゆのみでそうめんをいただく。
わさびや生姜などの薬味はいりませんね(^^)
風味が豊なんで、この味のみでええ感じ。
ただ、ネギは加えたほうが、さらに美味しさが増しますね。

もうひとつは「めひび」(めかぶ)。
境港さかなセンター(鳥取)めかぶ&あごだし

あごだしを買ったところで、他の海産物も色々と味見させてもらいました。
その中で一番旨かったのが、あごだしとこのめかぶを使った、
「お吸い物」が最高に旨かったです。

なので、帰ってこういうのを作りました。
境港さかなセンター(鳥取)めかぶ&あごだし

めかぶとなると酢の物が代表的ですが、
酢を加えるのではなく、あごだしをぶっかけました。
トロトロのめかぶは非常に美味しい♪
ただ、あごだしでは味がしゃっきり定まらないんですね、
ちょっとぼけた感があるんです。
やはりこういう冷たいのでは、酢をかける方が美味しいです。

あごだしを使った魚の煮物に、めかぶの酢の物・・・
今度、日本酒のアテとして、また作ってみます。

今回の旅のあらすじはこちら!

住所:境港市竹内団地259-2
電話:0859-45-1122
営業時間:8:30~17:00
定休日:水曜(祝祭日は営業)
↓お勧めリンク↓

送料無料★1000円ポッキリ★飛魚だし(あごだし)お試しセット
ここ日生は私の冬旅行の定番、停泊地となっています。
今回も、隣の海の駅しおじでバーベキューをしました。
牡蠣バーべーキュー 海の駅しおじの記事はこちら!

その牡蠣はこちらで購入したので、
海鮮市場「五味の市」をご紹介します。

日生町漁業協同組合 五味の市(岡山日生)

その購入した牡蠣はこんな感じで売られています。
日生町漁業協同組合 五味の市(岡山日生)

交渉次第では結構安い値で、大量に買えます。
昨年は2000円25粒のを1000円にまけさせましたが、
今年は色艶のいい牡蠣を16粒程度で1000円で購入。

また、牡蠣以外の品も並んでいます。
日生町漁業協同組合 五味の市(岡山日生)

こちらではブリカマ(500円)が非常によさそうに見えたので、
バーベキュー用に買いました。

また揚げ物もこんな感じで。
日生町漁業協同組合 五味の市(岡山日生)

家で食べるお土産にはこちら!
日生町漁業協同組合 五味の市(岡山日生)

さわらのたたき(700円)です。
岡山では春先にはよく生で食べられる魚です。
そう魚に春と書いて鰆(さわら)って読みますもんね。
このたたきは鰹と違い、濃厚さがなく、非常にあっさりした感じ。
きりっと冷やした吟醸日本酒によく合います。

で、もうひとつ。
日生町漁業協同組合 五味の市(岡山日生)

いかなごの新子(200円)です。
これ、大好物なんですよ。
ポン酢とちょっとつけて、ご飯と一緒に食べると、
これ以上にごはんに合うおかずはないと思っています。
毎年3月4月はよく食卓に並びます。
(まあ、この時期にしか食えませんが・・・)

今年も牡蠣を堪能いたしましたのにプラス、
春の魚も楽しめて、満足、満足です(^^)
来年の冬も再び訪れますよ。

住所:岡山県備前市日生町日生801-4
電話:0869-72-2201
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合水曜日)、4月第1日曜日
駐車場:あり(無料)
↓お勧めリンク↓

岡山日生のきれいな海で育てられています!! 味で勝負の日生カキです!!!